やまだ接骨院 接骨院 整骨院 高知市越前町2丁目8番2号

なぜ痛む?/腰痛考

や ま だ 接 骨 院 / 腰 痛 考
一 般 論 様々な原因 一般的原因 なぜ痛む?



腰痛のメカニズム
 何故、腰が痛いのかを、それぞれの症状に応じて、個 々の方が、納得できるように説明するのは、専門の医師 の先生方でもなかなか難しいかもしれません。

まず、痛み全般に言える事は、痛みを伝える電気信号が、
抹消部分~中枢神経へと伝わらなければ、痛みとして
感じないという事が有ります。

受容器は、神経の末端の「自由終末」であって、ここで
受けた刺激が、知覚神経線維~末梢神経~脊髄の後根か
ら脊髄に入り大脳へと伝わります。
勿論、末端・抹消で感じるだけでなく、脊髄~末梢神経
のどこであっても、圧迫や炎症などがあれば、その刺激
で痛みが生じます。
また、損傷を受けた神経線維が回復する時も疼痛として
感じます。

  その他 として

[神経の分節性の支配]

脊髄神経の細い枝が、
腰部の筋・筋膜・椎間関節・椎間板に分布し、
圧迫や炎症をキャッチして、
大脳が疼痛として感じる。

[椎間板・椎間関節の老化]

椎間関節も椎間板と同様に老化が起こります。
その為に、椎間板のクッション作用が低下を来たし、
椎間関節の受ける力
(脊柱にかかる力の30%)が増加します。
その結果、しばしば炎症を起こし、痛みを生じます。

[神経周辺の炎症が原因]

単に、神経根が圧迫されただけでは無くて、
神経根周囲や神経終末部の組織に炎症があることが、
痛みを生じさすのに、大きな意味があるようです。

[炎症物質が原因?]

単に、神経根が圧迫されただけでは無くて、
神経根周囲や神経終末部の組織に炎症があることが、
痛みを生じさすのに、大きな意味があるようです。
「P物質」と呼ばれるペプチドや
「フォスフォリパーゼA2」という酵素が、
刺激を受けて体内から放出されて
炎症を起こすことも考えられる。



このように痛みのメカニズムについては、
色々な角度から、説明できますが、
「一般的な痛み」については、
未解決の部分も、数多く残されているようです。